リンクリスト

ローソク足

日本発祥の指標としても有名なローソク足ですが、海外ではそれほど使われていないこともあって、役に立たないという意見の方もおられます。しかし、中長期的にポジションを維持する方以外にとってはその場の状況、方向性や勢いを確認することはとても重要であり、それがひと目で把握できるローソ ク足はとても有用な指標であるように思います。特に取引スパンの短い手法をとっている方ほどチャートのベクトルを測ることの重要性は増していくのであり、スキャルピングやデイトレードには欠かせないものでしょう。


投資が少ない金額からスタートできるFX

sdf88 FXは魅力がいろいろあるそうです。では、FXの魅力というのはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、FXの魅力についてご紹介していきましょう。別の投資方法に比較して、FXの場合には次にご紹介するような魅力がいろいろあります。

FXの魅力は、大きなレバレッジであるため、投資が少ない金額からスタートできることです。レバレッジというのは、日本語で言うと「てこ」ということを意味します。具体的に言えば、資金が仮に10万円しかないような場合でも、取引が200万円というような資金で可能になることです。株式投資の場合でも信用取引では、投資を同様にレバレッジを利用して行うことが可能ですが、レバレッジは3倍までが限度になっています。しかしながら、FXの場合には25倍までレバレッジが可能になっています。そのため、少ない投資額でも利益が大きくなります。

FXの魅力は、スワップ金利という二国間の金利の違いによって利益を獲得することができることです。世界の国の金利というのは、金利が国によって違っています。日本の場合の金利はほとんどゼロに近いものですが、外国の中には高い金利の国もあります。スワップ金利というのは、この2つの国の金利の違いを言います。

例えば、1%の金利の国と5%の金利の国があるとすれば、金利が5%の国の通貨を金利が1%の国の通貨で買うと、利息として金利の違いの4%を獲得することができます。しかしながら、FXの場合には売却することも可能ですが、この場合は利息として金利の違いを払うようになります。

この際、外貨預金の場合でも、高い金利の国に預金すれば同様に金利の違いを儲けることが可能ですが、FXの場合と外国預金の場合では、FXの場合の方が約20分の1以下の手数料と非常に少なく、有利な投資法になります。ハイローオーストラリアの30秒のサービスからだと入っていきやすいです。

FXの魅力は、取引が24時間できることです。株式投資の場合は、売買が昼間の時間帯のみに限定されますが、FXの場合は取引が24時間できます。昼間は仕事で忙しくても、仕事が終って夕方から直接為替の動きをチェックしながら取引ができます。

FXの魅力は、株式のように値動きが急激でないことです。このことは利益を大きくすることができないため、デメリットと考えるかも知れません。しかしながら、損失が値下がりすることによってそれほど多くならないため、投資する場合には非常にメリットになります。

ここでご紹介した以外にもワイバイナリーやFX取引を始める人は最近非常に多くなっているそうです。



FXの取引をするにおいて大事な事

ずばり、自分の失敗を素直に認めるということがとても大切なのです。

なぜそのようなことがFXの取引をするにおいて重要になってくるのかというとこの投資は為替の値動きを予測して取引をすることになります。そしていくら精度の高い予想をしたとしても100%当てることはできないので誰でも何回かは損失を出してしまうことがあります。

そのためFXの取引をするにおいて必ず何回かは負けることを念頭において取引をする必要があり、そのためには自分の失敗を素直に認めることが大切になってくると言えます。